TOP † 友の会とは?

友の会とは

日本におけるカミーノ・デ・サンティアゴの情報を提供するセンターです。サンティアゴ巡礼体験者の横のつながり
を広げます。 日本から提案できるカミーノに関わる活動を模索し実行します。

目的

日本からスペインのカミーノ・デ・サンティアゴ(以下カミーノ)の巡礼に行きたい人々へ、情報を日本語
で提供し、より多くの日本人がスペインの地を訪れ、精神的な成長を遂げられるようサポートします。
更に、日本全国に点在するカミーノ体験者の横のつながりを深めることによりカミーノの国内での普及を
図ります。
一方、現地スペインの友の会の発足理由である、カミーノの維持を日本人的観点からどのような形でサポー
トできるか探り提案していきます。

背景

昨今の自己啓発のブームに乗って、日本人でもスペインの巡礼路に興味を持つ人が増えてきました。
しかし、現在の日本には、サンティアゴ巡礼に関する情報センターも存在しなければ、携帯できる日本語
のガイドブックもない状態です。
今はまだ口コミ情報または英語や他国語サイトの情報に頼らなければ巡礼の旅の情報は手に入りません。
そして何よりも残念なのは、「日本語の情報がない」という理由で巡礼の旅を断念したり、躊躇したりして
いる人が多いという現実なのです。

本当に巡礼に行きたいのならば自分で情報を取ってくるだけの心意気があるはず、といわれる方も多いと
思われます。しかし、言葉の壁というのはなかなか超えられるものでもなく、それが重荷になって素晴し
い体験のチャンスを逃すのは非常に残念です。

もちろん、ポジティブな体験だけでなく、自分の心の中のネガティブな部分に直面することもあるでしょう。
しかしそれらは自分自身を様々な視点から捉えられる機会となり、心の成長の面から見ても大切な体験に
なると考えます。
これらの心の成長は、例えばシニア世代なら人生の振り返りと再出発を、働き盛りならより高きを目指し
て、主婦なら子離れ・親離れの問題を、若者世代なら自分を大切にすることを、子どもたちならチャレンジ
していく精神を、というように様々な世代において精神的な発達を促すことを期待できるものです。

これらのカミーノの体験をした人が日本全国に点在し、各々がそれなりの普及活動を行っています。
しかし、それが単発に終わり、横の広がりがないままになっています。この現状を脱するために、友の会が
その中心となって彼らの活動を支援しながら人の輪を広げていければ相乗効果が発揮されることも期待して
います。

日本にも巡礼路があります。何故人は巡礼をするのでしょうか。そこには人種を超えた何か共通点があるの
ではないのでしょうか?
スペインという全く違うように感じられる文化、人々に触れながらもどこか懐かしいような、日本と共通する
何かが見つけられたとき、初めて真の国同士の理解が得られると考えます。
互いの文化を尊重しあい、大切にすることでより意味深い国際交流ができるのではないのでしょうか。
現地スペインの友の会が行っているそれぞれのカミーノの維持活動に合わせて、日本側からアプローチをし、
その活動に参画し、反対に日本の巡礼路も紹介し、お互いの巡礼路についての理解を深め合うために何ができ
るのか模索し、実行していきます。

スペインの巡礼路の魅力に取りつかれてその感動をシェアしたい、巡礼路がつなぐ人の輪を大切にしたい、
そして素敵な体験を与えてくれる巡礼路の維持活動をしたい、このような思いで「友の会」の設立をいた
しました。

日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会 理事(元代表)

 森岡 朋子

 

主な活動

以下の活動による、巡礼路の紹介、情報提供、維持活動をします

  • スペイン各自治州政府発刊物の翻訳および配布
    (ナバラ州、ラ・リオハ州、カスティージャ・イ・レオン州、ガリシア州他)
  • 各自治州のカミーノ・デ・サンティアゴ友の会との情報交換
  • ウェブページにおける情報提供
  • 巡礼ガイドの作成
  • 巡礼行程の提案(問い合わせの内容による)
  • クレデンシャル(巡礼手帳)の発行
  • 日本ができるカミーノ維持活動の推進
  • セミナー、講演会、パネルディスカッション
  • 体験者による体験談
  • 研究者による逸話の紹介等
  • 展示会、展覧会
  • 写真展
  • 物産展 等
  • 日本の各地巡礼地との情報交換(熊野古道、四国八十八箇所巡礼等)

おねがい

カミーノ・デ・サンティアゴはあくまでもキリスト教の巡礼路です。この巡礼路は「すべての者、異教者、
異端者、真面目な者、怠け者、にも開かれている」わけですが、信心から歩かれている方、巡礼路の維持
のために働いている方々がいらっしゃることをお忘れにならないようお願いいたします。

現地の方々も聖地に訪れる人が増えるのは喜ばしいことと受け取りながらも、その反面、巡礼路の本当の
意味が忘れられて道が荒らされていくことに懸念を示しています。

「ちょっとした心遣い」を携帯してお一人ずつが素晴らしい巡礼体験を得られますことを願っております。